スイングトレード

スイング売買は、デイトレードが一年中単位での売買を増やすのに対し数日~数週間単位で銘柄を保有し利益を示す方法だ。
様々な切り口で相場の上げ下げを見極めるのですが、例えばテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形を通じて今後の株価の行方を見極める手法や、相場全体のうねり(今週は○○のイベントがあるから強気だろう、といったようなもの)、決算のタイミングなどの方向感を見定める手法等があります。

・デイトレードよりは手軽
デイトレードのように1分1秒を戦う訳ではないので、少し気持ちはゆとりを持てますが、毎日相場を見分ける事になるのはおんなじ。まずは何の手法で売買の判断をするかを学ぶ必要があります。

・初心者も始めやすいスイングトレードって?
おススメはテクニカル分析。

移動平均線にて形成される「ゴールデンクロス」などは有名です。
無数にシグナルがあるので、まずは本といったチャートを見比べてシグナルを探して見るところから関わるのも興味深いかも知れません。

こういう2つの手法はいわゆる「トレーディング」と言われる手法だ。
専門知識や瞬間的な直観が必要なので初心者というよりはある程度経験を積んだ人向けと言えます。

カードローンの自己破産とは?