デイトレードをしてみる

デイトレードは、その名の通り一年中の中で何度もトレードを繰り返し利益を打ち出す手法だ。
基本はその日のうちに全てのポジションを埋めること。あがる!と思ったタイミングを逃さず利益が出たら確定し、下がりそうな時は一気に損切り。
日々相場を追う時間があるひと向けだ。

・瞬時に状況を見極める能力が必要な手法
基本的にはチャートや「板」と呼ばれる注文状況を反映するツールを利用してその時々の勢いを判断し儲けを出せるタイミングを見極めます。
一瞬の直観が全てを決めるので様々な情報を視覚的に読みとる動体視力が良い方は向いているかも?

・手数料が物をいう
全ての売買に当てはまる事ですが、特にデイトレは日々ちっちゃな利益を積み重ねて出向くため、その都度要る「売買手数料」をいかに安く抑えるかが重要になります。
証券会社によって手数料はまちまちですが、ネット証券の方が対面の証券会社よりは総じて安くなります。

キャッシングから破産する人の割合

スイングトレード

スイング売買は、デイトレードが一年中単位での売買を増やすのに対し数日~数週間単位で銘柄を保有し利益を示す方法だ。
様々な切り口で相場の上げ下げを見極めるのですが、例えばテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形を通じて今後の株価の行方を見極める手法や、相場全体のうねり(今週は○○のイベントがあるから強気だろう、といったようなもの)、決算のタイミングなどの方向感を見定める手法等があります。

・デイトレードよりは手軽
デイトレードのように1分1秒を戦う訳ではないので、少し気持ちはゆとりを持てますが、毎日相場を見分ける事になるのはおんなじ。まずは何の手法で売買の判断をするかを学ぶ必要があります。

・初心者も始めやすいスイングトレードって?
おススメはテクニカル分析。

移動平均線にて形成される「ゴールデンクロス」などは有名です。
無数にシグナルがあるので、まずは本といったチャートを見比べてシグナルを探して見るところから関わるのも興味深いかも知れません。

こういう2つの手法はいわゆる「トレーディング」と言われる手法だ。
専門知識や瞬間的な直観が必要なので初心者というよりはある程度経験を積んだ人向けと言えます。

カードローンの自己破産とは?

楽して儲けることは出来ない

あっちを取ればこっちが足りず、こっちを取ればあっちが足りず。世の中上手く出来ていますね。
特に、キャピタルゲインを拾う場合値上がりのチャンスの分だけ値下がりのリスクもおんなじだけあるため、
損をしてしまう人が多いのも事実。株は、ちょっとこわい実態も持ち合わせています。

・株の世界は8割が負ける?
株の世界は大成功を収めている人がいる一方で8割の人が最終的には敗れる、と言われるほど勝つのが難しいというのは、先輩なら誰もが知っていること。

もっと簡単に儲けたい、負けるのもお断り、いきなり1000万は怖い、etc …そう見まがうのも仕方ありません。こんなはずじゃなかったのに!と後で後悔しなくても済むよう、挑戦受ける方はリスクがある事もご理解いただいた上で小額からトライするほうが無難かも。

・金融商品には色んな種類がある
毎月5万、はいきませんが小額から始められて少しずつも儲ける方法、ならどうでしょうか?
すぐに著しくリターンを醸し出す事は難しいですが、少しずつでもきちんと増やせて、
大きく損するリスクだけないのでこれから投資を始める初心者の方にはこちらのほうがおすすめです。

投資のメリットとデメリットを比較

少しずつ利益を出す株投資

<株で売り上げる>と一言で言っても、具体的には2つの方法があります。
一つは、自分が選んだ銘柄が買った値段から上がった時に売却する結果もらえる「売却益」。
そしてもう一つはタイミングは銘柄によりますが半年もしくは年に1度いただける「配当収入」だ。

こういう配当収入は、予め大体これくらいがもらえるという予想が公表されてあり、ある程度調べることができます。

専門用語では、売却益のことを【キャピタルゲイン】、
配当収入の事を【インカムゲイン】といった呼んだりする。

毎月5万の利益を生みだすなら、こういう【キャピタルゲイン】を拾う方が良いでしょう。

1. 売却益【キャピタルゲイン】で売り上げる

こういう売却益は、自分が選んだ銘柄が上がった時に譲る事で利益を取り出す方法だ。
つまり、毎月5万利益を出そうというって毎月少なくとも1回は必ず新しい銘柄を買い、
利益の出た銘柄を売らないと毎月利益は出ないという事を覚えておいて下さい。

では、早速具体的な方法にあたってみていきましょう。
どの手法も奥が深いので、細かく引っかかる方はぜひ書籍なども参考にしてください。

バイナリーオプション

税金について

株式の差益(キャピタルゲイン)には税金が掛かるということをご存じでしょうか
株式投資においても例外ではなく、株式投資を通じて相応の利益が出れば、税金を払う義務があります
税金の種類にはいろいろありますが、株式投資による所得は譲渡所得と呼ばれるものだ
譲渡所得は給与所得などと別の所得として扱われ、現在の税制ではそれぞれの所得を別々に確申する必要があります
ただし、年収2000万円以下のサラリーマンは給与所得って退職所得以外の所得の合計が20万円を下回る場合は確申を行う必要はありません
つまり、株の利益が20万円を超えなければ、申告の必要はないということです
ちなみに、2013年12月31日までは売却益にかかる税金が10%ですみますが、2014年1月毎日からは20%に上がるので注意してください
売却益だけでなく、配当金にも税金がかかります
これも上記において2012年12月31日までは10%ですが、それ以降は20%になります
税金を支払うというと、とても面倒なイメージですが、実は簡単なことなのです
税金関係(株の差益)は証券会社が代行してくれるのです
(特定口座、源泉徴収ありを選択した場合) ただ、代行してもらうためには少々手続きが必要になります
それは、証券会社に口座を始める際に、特定口座を選択するということです
さらに、源泉徴収あり(天引きして納税)を選べば、これで万全です
原則ば、3月に確申を行わなければなりませんが、特定口座の源泉徴収ありを選択することによって、自動的に納税が浴びるため、面倒な手間は一切ありません
もし源泉徴収無しを選んだ場合は、証券会社から訪れる年間の取引レポートにおいて、自分で税務署をめぐって確申をすることになります
しかし、最初に述べたようにサラリーマンの人は給料以外の所得が20万円未満の場合は非課税なので、株差益(譲渡所得という)が20万円以上利益確定をしない見込みの人は、差益に税金がかかりません
そのため、この場合は源泉徴収無しを選んだほうが賢いことになります
差益が20万円を超えるか下回るかで、源泉徴収ありかなしかを選択するようにするといった良いでしょう

バイナリーオプション攻略法

長期投資の説明

長期投資は長期での保有を前提としているので毎月5万円売り上げる、は少々趣旨が異なりてしまいますが、上記の2つに比べたら初心者にも気軽に取り組めるかもしれません。
この手法の良いところはせかせかしないで良い事。もし下がるとしてもよほどの事がなければ塩漬けと呼ばれる「損切りせずに保ちっぱなしにする」ため損失を回避します。
値段が下がっているのに保ちっぱなしで大丈夫?と思ってしまいますよね。

・ 景気は10年サイクルで循環始める
景気は基本的に10年ごとに好況という不況を循環するので、一時的に下がっても時間さえかければ少なくとも同額レベルまでは帰ると考えられています。
でもやっぱり、せっかく投資するなら高まる銘柄が良いですよね?どうしてそれらの銘柄を探せばいいか、簡単にご紹介します。

1-3-1グロース投資

これは、企業の業績やその業界の状況などから今後の成長を予測する方法だ。
例えばアプリのゲームを作っている会社であれば、先月リリースした目新しいゲームがとても好調で、今後もそのゲームの成長が伸びそう、または奇跡の新薬を発見しこういう画期的な発明が世界を乗り換えるであろう、といった具合にその企業の今後の業績に鑑みて投資を行う方法だ。

1-3-2 バリュー投資

同じ業種業界の銘柄に対して、割安な銘柄を探します。
例えば、この先鉄鋼業界が硬いだろう、と言われているら、おんなじ鉄鋼業界の株をいくつか見比べて、1銘柄だけ株価陳腐場合、その銘柄は正当な評価がなされず出遅れて掛かる=他社って同水準まで近々出る、と考えられます。
どうして割高か割安かを比べるかって?ちゃんと、確かめるための指標があるんです。

バリュー投資のための指標
中でも有名なものだといったPBR(株価純資産倍率)というものがあります。
これは純資産(会社が持っているお金)といった今の株価で算出するもので、一番単純な株価水準の比較方法だ。
会社の持っているお金って株価の比率を見比べ、数字が安いほど売られすぎ、良いほど買われすぎ、という判断することができます。他にも色々な数値での比較が可能です。

バイナリーオプションコツ

配当

配当で毎月利益をもたらすほうが、ただ有するだけで良いので手間はぐっと少なくなりますし、あらかじめどれくらい配当するかも見込みは発表されているので、簡単で失敗もないので初心者の方にはおススメです。

・「毎月5万」のハードルは高くなる
ただ、毎月5万円というハードルは少々上がってしまう。
というのも必要な資金が多くなってしまう。比較的配当が大きいとされる東燃ゼネラル石油(5012)を例に見てみましょう。

1株あたりの配当が38円との予想があり、現在の株価は930円程度。
最小取引単位が1000株単位なので、取引には93万円が必要です。
1000株保有するって単純計算配当は38,000円。約100万円を投資して、こういう配当がもらえるのは年に一時払い(予定)だ。

・配当で毎月5万儲けるにはいくら必要か
毎月5万円の儲けを配当で出そうとした場合、
① 配当月の違う銘柄を12銘柄揃える
② 年間60万ぶんの配当を1銘柄でなくなるだけ投資する
のどちらかになりますが、とも投資額が1000万以上は必要になる計算だ。

素人が出来るテクニカル分析

配当について

株主になると、企業の利益から配当金を受け取ることができます
そのため、配当金によって投資銘柄を決める人も多いようです
では、配当金がもらえる仕組みやその意味はどういったものなのでしょうか
配当金(配当)は、会社法で規定されている「利益配当請求権」はを通して株主が受け取ることができる、企業の利益からの分配金のことをいいます
つまり、企業があげた利益の一部を、資金を出資しておる株主がもらえるということです
配当金は1株あたりに対して下さるので、所有している株式数に比例して金額は高くなります
また、ミニ株などの単元未満株を所有している場合は、株主総会に参加するための議決権は得られませんが、配当金は受け取ることができるようになっています
配当金は会社の利益を源泉として下さるものなので、当然その企業の利益にて配当金の金額は一定ではなくなります
しかし、金額を決める場が株主総会なので、資金を出資している株主はその企業の持ち主とも呼べるため、企業の基本的な方針を決める権利をもちましています
もし十分な利益が得られていないのに配当金を多く払うようなことがあれば、その会社は倒産してしまうことになるかもしれません
倒産してしまったら当然企業の価値や株価はゼロになります
株主にとってはなんの利益にもなりません
よって、株主は企業の利益にて配当金の金額や、配当金そのものを払うか支払わないかということを決定することができます
ただし、会社法を通じて委員会設置会社などは取締役会で配当を決定することが出来あると決められています
配当には4つの種類があります
普通配当は、期末ごとに分配達する配当だ
一般的に普通配当のことを配当と呼んでいます
普通配当は決算の時点での株主名簿が採用されます
その時点で名簿に記載されている株主のみ、配当を読み取ることができます
現に配当を受け取れるのは2、3ヶ月後になります
特別配当は、特別な利益が出たところ受け取れる配当だ
記念配当は、会社や創立や創業○○周年などを記念し、増配達する配当のことです
中間配当は、中間決算後に貰える配当を意味します
これは行なう会社もあれば断ち切る会社もあります

FXバイナリーオプション